「整理」が大事

ご訪問有難うございます(^^)
世の中は4連休真っ只中、いかがお過ごしですか?

先日、TV、雑誌などでも活躍されている、札幌の整理収納アドバイザー川村あゆみさんのアシスタントとして、
整理収納作業に行ってきました(^^)

アシスタントとして何度も同行させていただいていますが、お客様の数だけモノの持ち方や考え方があるので、
あゆみさんからは勿論、お客様からも毎回色々教わる事が多いです。
たくさんの機会があって、ありがたい限りです。

私は、片づけが得意ではなかったので、自己流片づけの頃は、休みの日はほぼ一日中片づけ、なんて日もありました。

だから、片付けに困っている、どうしたら良いか悩んでいる方を見ると、わかるわかる!!と過去の自分が顔を出します。

片づけをスタートして、一番始めに「整理」をするわけですが、ここが一番難しいんですよね。

「整理」とは、辞書によると「不要なモノを処分すること」ですが、過去の自分を振り返ると、その「不要なモノ」を判断する事ができないんです。
「なんとなく処分するまでもない」「まだ使える」「何かの時に必要かも」服になると、「痩せたら着る」・・・
いつ痩せるんだよ、、、と自分に突っ込みながらも不要なモノにはならないわけです笑笑
そうしてモノがどんどん増えてゆく・・・


整理収納作業は、モノを一つ一つ、これからも使っていきたい?持っていたい?と自分に聞いて、判断してもらいます。
ここが終われば、7〜8割は進んだことになるのではないかな、と思います。一番重要なところ。
今思う事は、処分するモノを選ぶより、「これからも使っていきたいモノ」「持っていたいモノ」を選ぶ方が楽しく作業できます。

極端な話ですが、処分しなくても良いと思います。
ただし条件付き。使っているモノや持っていたいモノ、とは別の場所に保管する事!です。

この「整理」なかなかしんどい作業です。片づけが苦手な方が、突然これをやってと言われても、自分1人では判断できない、進まない、と挫折してしまいがち。
そこで、アドバイザーという第三者の存在が必要なんです。
親、兄弟、近い人より第三者です。そして第三者ならプロの方がいい、とアシスタントをしていて思います。
一緒に進めることによって諦めることなく、なんと、判断が徐々にスピードアップしていく事も(^^)


本日のアシスタント業務も楽しく終了しました。
私よりかなりお若いあゆみさん。お仕事では大先輩です。
細かい心配りや講師ならではのトーク力、さすがです。
近くのコメダでちょっとお茶して♪

飲み終わってしまった画像・・・
作業後のコーヒーはうまし♡

近々ある、別件の作業もワクワクです(^^)


お読みいただき有難うございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です