札幌市在住 セキアキ

1974年札幌生まれの札幌育ち
インテリアの学校を卒業後、設計事務所に就職。
1人経理事務を担当しながら、結婚、出産、育児との両立の大変さを経験。
休みは片付けと子供のことに追われる毎日。

保育園から娘を連れて家に帰ると、目の前に広がる雑然としたリビングをみて、イライラが倍増。
疲れも重なりストレスはピークに。
片付けてもリバウンドを繰り返す日々で自分のダメさに落ち込む。
そんな毎日に限界を感じていた時に整理収納アドバイザーという資格と出会い、心が救われる。

この経験から、同じ悩みを抱えている女性に寄り添い、伝えるコトで、暮らしが良くなるお手伝いをしたいと決意。
トータル18年間勤めた会社を退職、整理収納アドバイザーとして活動中
保持資格
整理収納アドバイザー
住宅収納スペシャリスト
親・子の片づけインストラクター1級
整理収納ベーシックコーチ


【メッセージ】
いつも「片付けなきゃ」と憂鬱
片付けてもすぐにリバウンド
散らかっていてイライラする
片付けてもすぐに散らかるのは毎日キチンと片付けていないからだ・・・
誰も片付けてくれない、なんで全部私がやらなくちゃいけないの!?

以前の私です。片付けに苦手意識はなかったのです。
仕事と家事と子育てに追われ、疲れを理由にただ、自分がだらしない、いい加減な人間だからだと思い込んで、どこまでも落ち込んでいきました。
イライラしてばかりいました。

でも違ったんです。自分や家族の習慣、動線を考え、モノの持ち方を見直すと、毎日の「片付けなきゃ」から解放されて、「散らかっててイライラ」が激減しました。

いつもきちっとしていなくても、出しっぱなしな事があっても、すぐに片づく事がわかっているからでしょうか。
気持ちがラクに、生活がラクになるとストレスも半減。いつも出しっぱなしだった子供も、少しずつ元に戻す習慣がついてきました。
そして、片付けで子供は自立へと成長してくれます。

片付けとは、ただなんでも仕舞う事ではないのです。
モノを所有している理由があり、収まる場所にも意味があるのです。
それは生活をラクにし、ストレスフリーな暮らしをおくるためには欠かせないことだと思うのです。
沢山の女性が素敵な毎日を送れますように。
そして、家族に連鎖し、みんなが笑顔になりますように。
そんな思いを込めて、お手伝いさせていただきます。

【今までの実績】

■訪問作業キッチン一部(5時間)、キッチンまるごと(12時間)各1件

■アシスタントとしての訪問作業多数(リビング、キッチン、納戸、寝室、子供部屋、引っ越し前後の片付けなど)

■ハウスメーカーモデルルーム 収納作成(アシスタント業務)

■自宅収納公開

■札幌市内某小学校家庭教育学級講師